ストレッチの習慣化に取り組んでます!

おしりを鍛える筋トレ~足を引きつけてから上げる~バックキック

この記事は約2分で読めます。

鏡にうつったおしりを見て、ショックを受けたので、もっと積極的におしりを鍛えることにしました

おしりの筋トレを探していて見つけたのがこれ
おしり筋トレ:足を引きつける おしり筋トレ:足を高く上げる
出典:バックキックの正しいフォーム

オーソドックスな筋トレですよね

動画がないか探してみたところ、変形タイプを見つけました

この動画の方法だと、あんまり足は動かさないんですね
 

筋肉を大きくしたいのか?筋力をつけたいだけか?

筋肉を大きくしたいのか?筋肉を強くするだけでいいのか?によって、筋トレの仕方も違うようです

筋肉を大きく動かす筋トレのほうが、筋肉自体が大きくなりやすいようです
おしりをプリッと立体的にしたいなら、最初の引きつけてから足をあげるほうがいいみたい

逆に、筋肉は大きく(太く)せずに、筋力だけをつけたい時は、動画のタイプのをやるといいみたいです

私は、今のところ、プリッと立体的になってくれたほうがいいかな~と思っているので、大きく動かすタイプをやる予定です
 

アンクルウェイトで、負荷をあげよう♪

この筋トレは、おしりの筋肉を鍛えるのに1番良さそうな運動なのですが、簡単にできすぎるので、アンクルウェイトが欲しくなりました


アンクルウェイト(~1kg)


アンクルウェイト1.5kg


アンクルウエイト2.0kg


アンクルウエイト ~4kg



どれくらいの重さが、ちょうどいいのかがわからない

クチコミ見てると、ウォーキングで使う人が多いみたいだけど、ウォーキング用と筋トレ用だと、選ぶ基準が違うよね

筋トレは10回くらいでしんどくなるくらいの重さが必要だけど、ウォーキングは10歩あるくのがやっとじゃ困るよね(笑)

最初と最後のアンクルウェイトは、重りの数を調整できるタイプのアンクルウェイトです。筋トレには1kgじゃ絶対たりないから、最後のにしようかな?

1つ800gの重りを5個までつけられるから、その時の筋力にあわせて調整できるよね

うん、これにしよう!

→ 4kgまで重さ調節ができるアンクルウエイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました