ストレッチの習慣化に取り組んでます!

砂糖の代わりの甘味料を探せ!砂糖が体に良くない理由を調べてみた

この記事は約5分で読めます。

砂糖の代わりに使ってたラカントSがなくなってしまった

サンプルだから小さな袋(75g)ではあったけど、たった2回の作り置きで無くなっちゃうとは!!

普通のレシピって、けっこう砂糖使うんだね

「とりあえず」で使ってたラカントSがなくなってしまったので、砂糖を買わなきゃいけないんだけど、どれを買えばいいのかな?

そもそも、「砂糖が体に良くない」って言われてるのはなんでなの?って思って、調べてみました

・・・と、その前に、砂糖の基礎知識をおさらいします
 

体に悪いと敵視されているのは、ショ糖!

自然界に存在する糖(炭水化物)には、たくさんの種類があるんだけど、料理の甘味料として使われる砂糖の主成分はショ糖という種類の糖です

砂糖の種類によって、ショ糖の割合が違ってて、食養(マクロビの和名)で目の敵にされてる白砂糖にショ糖がどれくらい含まれているか?というと、

上白糖は約98%がショ糖、お菓子作りに使われるグラニュー糖は約99%がショ糖です

一方、食養(マクロビ)で推奨されている黒砂糖のショ糖は約80%程度と、白砂糖に比べるとショ糖の割合はだいぶ低いです

・・・でもねぇ、それでも80%がショ糖なんだよ?

ショ糖を目の敵にするなら、黒砂糖だってダメじゃない?って気がするんですよね~

砂糖を使わないわけにはいかないから、出来るだけショ糖の少ない黒砂糖にしましょうって程度の話なのかな~?

…ってことは、上白糖を使っても、量が少なければいいってこと?

いや、黒砂糖はミネラル豊富ってアピールしてるから、ショ糖のまわりに何か(ミネラルとか)がくっついてると違うってこと?
 

砂糖(ショ糖)は、血糖値が上がるのが早い

ネットで、ザっと調べてみたところ、砂糖(ショ糖)がダメな理由として、GI値が高い(血糖値が上がるのが早い)というのが多かったかな?

血糖値は、ゆっくり上げたほうがいいので、GI値が低いほうがいいっていうのはわかる

上白糖と黒砂糖のGI値を比べてみると・・・

上白糖 → GI値 109
黒砂糖 → GI値 99

GI値でいうと10違うわけだけど、10って、そんなに大きな差なのかな?

GI値っていうのは、ブドウ糖を摂取した時の血糖値上昇率を100として、GI値が70以上の食品は高GI、GI値が55以下の食品が低GIと定義されてます

低GIと高GIの差は15しかないわけだから、GI値が10違うっていうのは、けっこう大きな違いってことなんだね

それでも、上白糖よりはマシという位置づけで、「黒砂糖ならじゃんじゃん使ってOK」ってことではないですね

ちなみに、三温糖を黒砂糖だと誤解している人がたまにいるけど、三温糖は成分上は上白糖とほとんど変わりません

加熱で色がついてる(こげてる)分、もしくは、着色してる分、三温糖のほうが体に良くないです
 

1番体に良い甘味料は、本みりん

GI値だけでいうと、1番優秀な甘味料は、本みりんです

本みりんのGI値は、15!かなり低いです

ショ糖を敵視する理由が、GI値の問題なんだとしたら、1番体に良い甘味料は本みりんってことになりますね

本みりんを砂糖の代わりに使う時、

  • 砂糖 大さじ1 = 本みりん 大さじ1.5
  • 砂糖 10g = 本みりん 30g

の割合で使うと、同じ甘味になるそうです
 

おまけ:果糖について

果糖は、その名前の通り、フルーツに含まれている糖分ですが、果糖は吸収されにくい糖分なので、血糖値は上がらないんだって

ただ、肝臓で分解する必要があるので、肝臓に負担がかかるため、ショ糖とは別の意味で、体によくないそうです

また、果糖は中性脂肪に変わりやすいため、太りやすい一面もあるそうです

カロリーゼロの甘味料には、果糖が使われていますが、「痩せたいから」という理由でノンカロリー甘味料を選ぶのは止めたほうがいいですね(笑)

糖尿病の人が、血糖値のコントロールのために使うなら、いいんじゃないかと思います
 

砂糖はタバコよりも体に悪い?

砂糖は、昔読んだ食養(マクロビの和名)の本にも、「砂糖の毒は、どうやっても解毒できない」みたいにかかれてたんですよね~

他のものは、○○を食べるといいとか書かれてたのに!

たとえば、タバコには、「味噌がいいから毎日お味噌汁を飲め」って書いてた

それを読んで「タバコよりも砂糖のほうが悪いってこと?!」と、かなりの衝撃を受けました

まだその本は手元にあるので、引っ張り出してもう1度 読んでみました

砂糖が体に良くない理由が書いてある本

からだの自然治癒力をひきだす食事と手当て(新訂版)

この本によると・・・

  • 砂糖は、血中のカルシウムイオンを欠乏させ、赤血球を崩壊させる作用をもっている
  • 電気を通じさせなくするので、脳神経の伝達をストップさせてしまう

・・・だいぶ怖いですね

この著者は、「白砂糖(ショ糖)は…」と言ってるわけではなく「砂糖は…」って言ってますね

また、「どうしても甘いものがほいしときは、せめて黒砂糖」という表現をしているので、黒砂糖も避けるべきという考え方のようです

白砂糖(ショ糖)だけを敵視するよりも、自然だし、納得がいきます

ちなみに、GI値的には優秀だった本みりんについては・・・

  • 本みりんは、自然の甘味とまろやかさを料理に加える調味料
  • 料理に甘さがほしい人は、砂糖の代わりに本みりを利用しましょう

と書かれていたので、「砂糖は恐ろしい」と考えているこの著者でも、本みりんにはOKを出してるってことですね
 

ふむ、では・・・

  • 甘さをプラスする時は、できるだけ本みりん
  • 本みりんが難しい時は、黒砂糖

という方針で、いってみようかな?
 

ちなみに、今までの自分の体験で、実感してる砂糖の体に良くない点は、体を冷やすこと!

ほんと、砂糖をとると、劇的に体が冷えるんですよね~

同じ糖分(炭水化物)でも、お米は大丈夫なんだけど、砂糖はほんとダメ
 

・・・と、ここまで書いたところで、下書き保存して、エステのマッサージに行ってきたんだけど、

「めちゃくちゃ冷えてます」「ここ2~3ヶ月の中で、かなり状態が悪い」って言われてしまった(^_^;)

こりゃ、砂糖をとってる場合じゃないな!

砂糖は、できるだけ使わないように頑張ります!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました