駆血加圧でも、成長ホルモンはたくさん出るの?

今、通ってる加圧トレーニング6回体験
で、

前もも&外ももの筋肉が発達してしまいそうな危険な予感がした私は、

ちょっと前から気になってた駆血加圧+パーソナルストレッチの2回体験に行ってみることにしました

駆血加圧+ストレッチの2回体験

私が加圧トレーニングをしてるのは、筋肉を効率よくつけるためじゃなくて、成長ホルモン出すためだから!

筋トレして太ももが太くなっちゃうと困るし、ストレッチでも成長ホルモンが出るなら、そのほうがいいな~って思ったんだ

今回の加圧は「駆血加圧(くけつかあつ)」というものだったんだけど、それは特に気にせず、「加圧しながらストレッチするんでしょ~」と思ってました

普通の加圧トレーニングとは、違う手法の加圧があるっていうのは知ってたので、「それの事かな?」とは思いつつ、

「加圧には違いないんだから、成長ホルモンも出るでしょ!」って思って、とりあえず行ってみました
 

駆血加圧とは?

駆血加圧(くけつかあつ)っていうのは、普通の加圧トレーニングよりも、強く加圧するという手法

強く加圧する代わりに、加圧中に筋トレや運動はせず、じっとしてます

強く加圧しては、除圧、強く加圧しては、除圧…を繰り返すことによって、血流を良くする効果があります

駆血加圧

血流が良くなる効果は、もの凄いんですよ!!

腕や脚がぽかぽか温かくなるのが、ハッキリとわかります

「こんなに血が通ってるのを実感できることって、なかなかないよね」って感じです
 

駆血加圧って、成長ホルモンも出るの?

私の目的は、成長ホルモンをたくさん出すことなわけですけど、

加圧トレーニング同様、駆血加圧でも、成長ホルモンはちゃんと出るんでしょうか?

担当してくれたトレーナーさんに聞いてみたところ…すごく微妙です💦

「成長ホルモンですか?成長ホルモンは…まぁ、強く加圧するので…出ます…ね」

みたいな感じの返事でした(^_^;)

『いや、出ないんだろ!』と、つっこみたくなりますね(笑)

それに、成長ホルモンって、強く加圧すれば出るってわけじゃないんですよね
 

大阪教育大学が行った加圧トレーニング実験

大阪教育大学で、加圧なし、80mmHgで加圧、150mmHgで加圧…という3つの場合の成長ホルモン分泌量を比べる実験が行われました

その結果、80mmHgが1番成長ホルモンが多く出たそうです

加圧直後は150mmHgのほうが成長ホルモンが多く出た人もいますが、30分後には80mmHgのほうが多く出ていたりと、

もちろん、成長ホルモンの出方には、個人差があるのですが、

全体的に見ると、80mmHgというマイルドな加圧のほうが、成長ホルモンがよく分泌されるみたいです

詳しく知りたい人は、こちらを読んでくださいね

→ 大阪教育大学が行った加圧トレーニング実験

被験者は4人と少ないですが、貴重なデータですよね

本来、こういう実験は加圧トレーニングを勧めている所が積極的に行って、

  • 本当に成長ホルモンが増えるというデータ多数用意
  • 成長ホルモンを効率よく出すためには、どういう風に加圧すればいいのか?
  • 筋肉を効率よくつけたい場合は、どういう風に加圧すればいいのか?

などを、しっかりトレーナーに伝えて、加圧トレーニングを広めていくべきなんですが、

こういう科学的根拠はほとんど示さず、資格制にして金稼ぎすることにしか興味がないっぽいのが残念ですよね
 

話が反れてしまったので、元に戻すと・・・

成長ホルモンが出る仕組み

私が調べたところによると、成長ホルモンは、乳酸がたまれば出るらしい

加圧して運動をすると、普通に運動するより多くの乳酸がたまるから、成長ホルモンもたくさん出るってことらしい

だから、駆血加圧のように、ただ加圧除圧の繰り返すだけだと、成長ホルモンは期待できないっぽいです(^_^;)

乳酸さえ溜められれば、運動自体は激しくなくても大丈夫みたい
 

だから・・・

加圧しながらストレッチするだけでも、もしかしたら成長ホルモンがバッチリ出るのかもしれない

でも、駆血加圧だと、加圧しながらストレッチじゃないからね

駆血加圧した後に、ストレッチだから!

私が期待してたのとは、ちょっと違いました💦

・・・チケット買う前に、ちゃんと調べればいいんだけどさ(笑)
 

私の目的にはあわなかったけど、血流はほんとうにすごく良くなるので、

血行を良くしたい人、冷え症で困ってる人には、すごくオススメです

>> 加圧トレーニングを体験する♪

エステっぽい雰囲気のトレーニングスタジオだし、トレーナも女性なので、
マンションの1室で、男性トレーナーと2人きりになるのが不安な人には、すごくオススメです♪

→ 加圧トレーニング&シルクサスペンションの体験レポートを読む!

おすすめダイエット企画

覆面はしこ♥のエステ体験レポート

エステ体験はしご専門家 覆面はしこのエステ体験レポート

エステの体験コースのハシゴで、脚痩せは可能なのか?ちゃんと効果のあるエステはどこなのか?エステ体験はしご専門家の覆面はしこが体当たり調査!実際に行ってみると、思わぬ発見がっ!!


覆面はしこ♥通いたい痩身エステランキング

覆面はしこ♥の通いたい痩身エステランキング

エステ体験はしご専門家の覆面はしこ♥の“今、通いたい痩身エステ”のランキング!ただ細いだけじゃなく、形の綺麗な美脚になるために必要なエステたち♪


SIXPAD(シックスパッド)の腹筋への効果を検証中!

SIXPAD(シックスパッド)で、ラクして筋肉つけたい!

筋トレが嫌いなので、SIXPAD(シックスパッド)でラクして筋肉をつけたいと思っています。1番の目的はヒップアップ!綺麗にあがるかな~?絶賛お試し中~

ワコールのノンワイヤーブラ ブラジェニックのD65

ワコールのノンワイヤーブラ“ブラジェニック” バストアップ先生の評価は?

最近のブラは凄いから、バストアップ(育乳)目的でもノンワイヤーブラでもいいと言われ、ワコールのノンワイヤーブラ ブラジェニックを試してみました!

前もも&外ももを鍛えると、太ももが太くなる!

太ももが太くなるのは嫌だ!とアピールしてみた加圧トレーニング4回目

前回の加圧トレーニング後、前ももと外ももが筋肉痛になり、太ももが太くなる危険性を感じたので、「太ももが太くなるのは嫌だ!」とアピールしました!すると…


関連記事

PMKで、バストアップコース契約しました!

PMKでバストアップ10回コースと、パワーツリーオプション5回契約!

自力バストアップ(育乳)は、全然できる気がしないので、エステの力を借りることにしました!PMKのバストアップコース、とりあえず10回契約してみました♪


ブラジャーのサイズを1サイズあげました♪

大きめのブラを着けたほうが、胸が育ちやすい?ブラジャーサイズを1カップ上げてみた♪

最近、バストの調子がいいのと、中学生の頃の記憶の影響で、ブラジャーのサイズを1カップ上げてみました♪大きめのブラを着けたほうが、胸が育ちやすいと思う?


イソフラボンって、バストアップ効果ないんじゃないの?

「イソフラボンを摂るために大豆食品を食べろ」って主張してるバストアップ成功者は多いけど、イソフラボンにはバストアップ効果はないんじゃないかと思うんですよね~


加圧ビューティーテラスで、加圧トレーニング体験してきました♪

加圧ビューティーテラスの加圧トレーニング体験メニュー詳細レポ

加圧ビューティーテラスで、加圧トレーニングを体験した時のメニュー内容をレポートします♪人によって内容は変わってきますが、一例として参考にしてください


下半身の脂肪を上半身に移動するわ!作戦は考えてあるのよ♪

下半身の脂肪を上半身に移動する計画、もっとしっかりやらなきゃっ!!(>_<)

私が下半身デブなのは、下半身に脂肪細胞の数が多いせいな気がするんだよね~。だから、下半身の脂肪細胞を減らして、上半身にも脂肪がつきやすいように整えます!


足痩せしながら、バストアップ!

バストを保湿せよ!ついでに、バストの脂肪を増やすのだ!(笑)

胸を大きくするために通ってるエステで、「バストを保湿するように」と言われました。保湿のついでに、バストの脂肪を増やしちゃおう♪


シルクサスペンションを体験してきました♪

シルクサスペンションを体験してきました♪楽しい~~~(≧∇≦)ノ

話題の空中エクササイズ シルクサスペンションを体験してきました♪ハンモックのおかげで、楽しくインナーマッスルを鍛えられるよ(≧∇≦)ノ


新着記事

シックスパッドのトレーニングタイツがすごい!!ハムストリングスにめっちゃ効く!

SIXPAD(シックスパッド)のトレーニングタイツを着てトレーニングしてみて、「今まで裏もも(ハムストリングス)を使えてなかったんだ…」とわかりました(笑)


シックスパッド2のアームベルトなら、女性の細腕にもフィットします♪

SIXPAD2 アームベルトとボディフィット2、どっちがいい?二の腕を細く!

女性がSIXPAD2(シックスパッド2)で腕を鍛える場合、アームベルトとボディフィット2のどっちがいい?悩んでる人は、参考にしてください♪


内股だと美脚になれないよ!内股を治す方法、実践中~♪

内股で歩いてる人に、脚が綺麗な人がいないと気付いてから、内股を治そうと頑張ってます。なかなか難しいんだけど、最近いい方法を見つけました♪


«

»

コメントを残す

認証コード ~コメント送信前に計算の答えを入力してね~ (必須)

このページの先頭へ