ストレッチの習慣化に取り組んでます!

吸引式の脂肪冷却 vs プレート式の脂肪冷却

この記事は約2分で読めます。

私が初めて体験した脂肪冷却は、↓こんな感じの吸引式の脂肪冷却でした

脂肪を吸い上げて冷却
 

脂肪冷却には、↓こういうプレート式(?)のものもあります

プレート式の脂肪冷却

吸引式とプレート式、どっちがいいのかな?って、ちょっと思いますよね

それぞれのメリット&デメリットを考えてみました
 

吸引式脂肪冷却は、しっかり冷却できる

吸引式は、吸い上げた脂肪だけを冷やすので、余計なもの(?)を冷やしてしまう心配がありません

そのため、吸い上げた部分をしっかり冷却することができ、施術時間も60分と長いです

つまり、脂肪を凍らせて痩せる効果は、吸引式のほうが期待できるんじゃないかな~と思います
 

一方で、吸い上げた部分しか冷やせないというのがデメリットにもなります

例えば、吸引式の脂肪冷却では、二の腕やふくらはぎの脂肪冷却はできません

また、脂肪が硬い(セルライト化してる)と、あまり吸い上げることができず、効果が出にくくなるようです

脂肪冷却は、セルライトにも効果があるので、回数を重ねると脂肪も柔らかくなって、効果が出やすくなるそうですが、最初のうちは、効果がでにくいそうです

→ 吸引式脂肪冷却を試してみる
 

プレート式脂肪冷却は、どこでも冷却できる

プレート式脂肪冷却は、吸引式脂肪冷却の「吸引できる範囲が限られる」というデメリットをなくすために、開発されたようです

プレート式脂肪冷却なら、脂肪が少なくて吸引できなかった二の腕やふくらはぎの冷却もできます

あと、膝上や内腿の付け根あたりなど、吸引カップでは、物理的に吸うのが難しい部分も冷却できます

一方で、プレートを当てた部分全体を冷やすことになるので、安全のため冷却時間が短いです(30~45分)

→ プレート式脂肪冷却を試してみる
 

吸引式とプレート式、どっちがいいの?

つかめる脂肪がたっぷりある部位は、吸引式脂肪冷却でがっつり冷やしたほうが効率がいいと思います

痩せてくると、吸引式ではあんまり吸えなくなってくるので、その段階になったら、プレート式に移行するといいと思いますよ♪

あとは、二の腕やふくらはぎも脂肪冷却したかったり、脂肪が硬くて吸引しにくそうな場合も、プレート式脂肪冷却がいいんじゃないかと思います

コメント

タイトルとURLをコピーしました