ストレッチの習慣化に取り組んでます!

冬の乾燥で肌は老化する!もう間違えない乾燥肌対策

この記事は約3分で読めます。

「肌が乾燥するなら、とにかく保湿すればいい」
って思っていませんか?

それ、間違ってるよ!

保湿の前に、気をつけるべきことがあるの

それは・・・ 洗顔です
 

乾燥肌だけど、汚れはしっかり取りたくて・・・

乾燥肌であっても、毛穴って気になるんですよねぇ・・・だから、「毛穴の汚れをしっかり落とします!」とCMされてる洗顔料をついつい使っちゃったりしませんか?

しっかりしたもこもこの泡ができて、泡がなかなか消えない洗顔料がお肌にやさしいと勘違いしていませんか?

それで、お肌がもともと持ってる天然の潤いが流されちゃってるかも・・・
 

たっぷりの泡で洗顔するのが、お肌にやさしい?

もともと「泡立てて洗顔しましょう」とアドバイスするようになったのは、洗顔料を泡立てないでゴシゴシ洗う人が多かったからです

ゴシゴシ洗いは肌によくないから、泡をクッションにするために「泡立てて洗顔しましょう」とアドバイスされるようになりました

それが今は「泡で汚れを落とす」というような間違った解釈が加えられ、「泡立ちが良いほうがいい」「もこもこの泡のほうがいい」「泡はたっぷりのほうがいい」と、まるで泡そのものに何か特別な効果でもあるかのような扱われ方です

でも、よく考えてみてください

泡がたっぷり=洗浄成分たっぷりということですよ?

乾燥してるのに、洗浄成分たっぷりでマッサージするように洗うなんて、「お肌の潤いを奪ってください」と言ってるようなものだと思いませんか?

あとから、どんなに化粧品で補っても、やはりもともと肌にあった自分でつくった保湿成分にはかないません。自分でつくった天然の保湿成分、大切にしましょうね♪
 

あ、お肌の潤いを残すといえば・・・

「汚れは落として、潤いは残す」洗顔料を使えばいい?

「汚れは落として、潤いは残す」なんてCMを信じちゃっていませんか?そんな都合のいいもの、そうありませんよ!(笑)(私は化粧品のプロです)

「汚れは落として、潤いは残す」というのは、「お肌がもともと持ってる天然の潤いは取っちゃうけど、すすいだ後も肌に残る保湿剤を入れてます」という意味です

「いやいや、天然の潤いを奪わないでよ!」「すすいでも取れない変なものを残していかないでよ!」って感じですよね(笑) ←笑い事じゃないけど
 

化粧品を開発してる人に悪意があるわけではないんだけど、使ってすぐに「いいな♪」って思ってもらえるように工夫した結果、もしくは、使う人のニーズにこたえた結果、なんか変な方へ向かってしまっている化粧品があるのは事実です

無駄に泡立ちよくしてみるとか、すすいでも取れない保湿入れちゃうとかね
 

洗顔料は、余計なものが入ってないシンプルなもの、それでいて、洗浄力が強すぎないのがいいですよ♪

→ 私のおすすめ洗顔料はこちら
 

あ、洗顔料がよくても、ゴシゴシ洗ったり、お湯で洗顔したりする、乾燥がすすんでしまいます

優しく洗うこと、冷たいお水か ぬるいお水で洗うことにも注意してくださいね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました