SIXPAD(シックスパッド)と糖尿病~糖分の消費量を増やせばいいんだよ~

SIXPAD(シックスパッド)って、筋肉を鍛えるためのもの、ラクして痩せたい人が使うもの…と思っていたので、

まさか、SIXPADと糖尿病がつながるとは、思ってもみませんでした

でも、森谷教授のセミナーに行って、話を聞いたところ、

「SIXPADって、糖尿病にもいいんだ!」という衝撃の事実を知ったわけです

順番に説明しますね
 

糖尿病と糖分

糖尿病っていうのは、インスリンがちゃんと分泌されなかったり、インスリンがちゃんと働かなかったりする事が原因で、

血中の糖分が減らず、血糖値が高くなってしまってる状態ですよね

糖尿病を図解:どうして血糖値が高いままなの?
出典:山王内科クリニック
 

別の言い方をすると、糖分が余ってるわけです

糖分が余っちゃうのは…

森谷教授がいうには、糖分が余ってしまうのは、体(筋肉)を動かさないせいだそうです

「糖尿病になった」というと、「甘いものや炭水化物の食べ過ぎなんだ」って思いますよね

たしかに、そうだと思います

必要以上に多く食べてるのは、間違いないと思います(2型の場合)

現代人は、体を動かす機会が減ってるから、昔に比べて、必要とする糖分が減ってるんですよ

それなのに、昔よりも血糖値の上がりやすい食べ物を、頻繁に食べてるせいで、糖尿病患者が増えているんです

だから、糖尿病を防ぐには、ちゃんと体(筋肉)を動かして、糖を消費すればいいんですよ!

「運動すればいい」って事だから、当たり前ですけどね(笑)

そういえば・・・

「(脳のエネルギー源はブドウ糖だけだから)頭を使ってれば太らない」みたいな事を言ったりしますよね

でも、糖分が消費されるのは、筋肉70%・脳30%だそうです

だから、筋肉を動かしたほうがいいんです

できれば、糖分をたくさん消費する速筋という筋肉を動かしたほうがいいです

でも・・・

筋肉を使う時って、遅筋 → 速筋A → 速筋Bという順番で使われるんですよね~

1番 糖分を消費できるのは、速筋Bなんですが、

家や会社でのこまごまとした動き、駅までを歩いて移動…という程度では、速筋Bは使われません

速筋Bを使うには、「キツイ!しんどい(>_<)」って感じるくらい、ハードな筋トレをする必要があるそうです

そこで、SIXPAD(シックスパッド)の出番なわけですよ

自分で、筋トレして速筋Bを動かすのは、けっこう大変ですが、

電気刺激なら、簡単に速筋Bを動かすことができるんです

しかも、SIXPADは、速筋Bをしっかり刺激できるEMSマシンなんです
 

EMSで糖分の消費量を上げるには…

現在、いろいろなEMSマシンが販売されていますが、その多くは周波数が50Hz・60Hzです

しかし、速筋Bをしっかり刺激するには、周波数は20Hzがベストなんです

50Hzや60Hzでは、早すぎて筋肉が反応できないので、たった60秒で、筋肉があんまり収縮しなくなっちゃうんですよ!

EMSで、筋肉を鍛えるには、20Hzがいいを表したグラフ

一方で、20Hzなら、筋肉を適度に刺激しつづけることができます

SIXPAD(シックスパッド)、いいでしょ♪
 

さらに・・・

SIXPAD後、24時間も糖分の消費量が増える♪

ハードな筋トレをして、しっかり速筋Bを動かした後は、糖分の消費量が増えるらしいのですが、

同じ現象が、SIXPAD(シックスパッド)を使った後にも起こるそうです♪

約20分間のSIXPADをするだけで、その後 24時間くらい、糖分の消費量が増えるですよ!

すごくないですか?

SIXPADをぺたっと貼って、スイッチオン!

それから約20分間 鼻歌まじりに過ごしてる間に、糖分が消費できるのはもちろん、

その後、24時間も糖分の消費してくれるんですよ!

しかも、SIXPADのレベルを痛いほど上げる必要もなく、「動いてるな~」くらいで十分なんだって!

→ SIXPADで、糖の消費量を増やす
 

これは、すごい

凄すぎる

私の母は軽い糖尿病なんですが、この話を聞いて、

「シックスパッドをプレゼントしよう!」って決めました

運動せずに年を取っちゃうと、「運動しろ」って言われても、なかなか難しいみたいだし、

軽い糖尿病だから、そんなに大変な思いをしてるわけでもなくて、危機感が薄いのかもね

でも、油断してて悪化したら困るよね(^_^;)

悪化させないのはもちろん、できれば治ってほしいから、プレゼントしてみる

SIXPAD(シックスパッド)なら、貼ってスイッチ入れるだけでいいんだから、テレビ見ながらやってもらおっと♪

→ SIXPADで、糖の消費量を増やす

>> 最新のEMSマシンで鍛える

rakuten ポイントの貯まる楽天支店を見てみる♪

おすすめダイエット企画

覆面はしこ♥のエステ体験レポート

エステ体験はしご専門家 覆面はしこのエステ体験レポート

エステの体験コースのハシゴで、脚痩せは可能なのか?ちゃんと効果のあるエステはどこなのか?エステ体験はしご専門家の覆面はしこが体当たり調査!実際に行ってみると、思わぬ発見がっ!!


覆面はしこ♥通いたい痩身エステランキング

覆面はしこ♥の通いたい痩身エステランキング

エステ体験はしご専門家の覆面はしこ♥の“今、通いたい痩身エステ”のランキング!ただ細いだけじゃなく、形の綺麗な美脚になるために必要なエステたち♪


SIXPAD(シックスパッド)の腹筋への効果を検証中!

SIXPAD(シックスパッド)で、ラクして筋肉つけたい!

筋トレが嫌いなので、SIXPAD(シックスパッド)でラクして筋肉をつけたいと思っています。1番の目的はヒップアップ!綺麗にあがるかな~?絶賛お試し中~

ビスコ たった1枚で、約20kcal

「水飲んでも太る」の正体?! 1日わずか20kcalの食べ過ぎで、1年で1kg太る!!

1日たった20kcalの食べ過ぎで、1年で1kg太るんだって?!20kcalってどれくらいか、知ってる?「水飲んでも太る」とか言ってる人は、この罠にはまってるんだ~!

SIXPAD(シックスパッド)のダイエット効果~ちゃんと痩せる理由があった!~

SIXPAD(シックスパッド)のダイエット効果~本当に痩せるの?~

SIXPAD(シックスパッド)を使ってみて、ダイエット効果があるのは実感してたんだけど、なんで痩せるのか?不思議に思っていましたが、森谷教授のセミナーに出て…


関連記事

忙しいのにキレイで元気な人が食べているもの&食べないもの

忙しいのにキレイで元気な人が食べているもの&食べないもの

健康的でキレイな3人の女性に、日々食べているもの&食べないものや、太らない秘訣を教えてもらいましょう♪


SIXPAD BodyFitでウエストをシェイプ!

女子のSIXPAD(シックスパッド)は、ボディフィットがおすすめ☆

SIXPAD(シックスパッド)が欲しいけど、腹筋用のAbsFit(アブズフィット)とBodyFit(ボディフィット)のどっちにするか?迷ってる人へ。女性の場合は・・・


冷やさない!がテーマのコーディネート

今年の冬は冷やさない!外出時の冷え対策コーデ(温活コーデ)

「今年は、絶対冷やさない!」をテーマに、冷え対策をいろいろ施してみました。11月上旬は冷えてつらかったけど、冷え対策のおかげで、今はポカポカで過ごせてます♪


おしりを上げると、太ももが細くなる!

太ももの内側の隙間を作るために、SIXPADをヒップにつける!

SIXPAD(シックスパッド)は、ヒップに使う事を想定してないんだけど、使い方に気をつければ、おしりの筋肉にも効かせることができます♪


ふくらはぎに、SIXPAD(シックスパッド)

ふくらはぎのシックスパッドは、意外にいい!感想を口コミ☆

SIXPAD(シックスパッド)の腹筋用(AbsFit)を使って、ふくらはぎのリンパドレナージュをしてみました。EMSって、リンパの流れを良くするのに効果あるよね~♪


プレフェミン販売開始

PMS(月経前症候群)の薬が出ました!~プレフェミン~

なんと、PMS(月経前症候群)の薬が新発売!多くの女性がPMS(月経前症候群)で困ってるってことなんだね


シックスパッド ボディフィットで膝上トレーニング

SIXPAD BodyFitで膝上トレーニング!シックスパッド ボディフィットの口コミ

膝上のお肉が気になるので、ひざ上にSIXPAD BodyFitをつけてトレーニングしてみました。私独自のSIXPAD内ももトレーニングと比べてみると・・・


新着記事

銀座かねまつで買ったベージュパンプス

銀座かねまつで、足のサイズを正確に測ってもらいました♪

銀座かねまつで足のサイズを正確に測ってもらいました!その後、かねまつでお買物して、どういう靴があうのか?やお手入れ方法について教えてもらいました♪


プレーザー33回目の直前(2017/2/9)

肉割れ線って、どこまで薄くなるものなの?

「面倒くさい」と思いながらも、肉割れ線を消すエステに10ヶ月くらい通ってます。もうそろそろエステ通いから解放されたいんだけど、肉割れ線ってどこまで薄くなるの?


DSクリニックの超音波画像と皮下脂肪厚データの見方

「超音波で、皮下脂肪や筋肉の状態を見るのに興味を持つ人が増えてくれるといいな~」と思っているので、超音波画像&皮下脂肪厚データの見方を書いてみました~


«

»

コメントを残す

認証コード ~コメント送信前に計算の答えを入力してね~ (必須)

このページの先頭へ